千代ノ浦にウミスズメ

7月29日

ここ数日暖かい日が続いています。夏と言えば海!という人も多いかも知れません。道東では海水浴はできませんが、夏に海に行く人は結構いるんじゃないでしょうか?私もそんな軽いノリで千代ノ浦に行ったのですが、まさかの野鳥に遭遇しました。

ウミスズメです。根室などで何度か観察、撮影したことがあります。一度釧路港でも見たことがありますが、こんな至近距離で見たのは初めてです。

結構遊んでいる人が多かったですが、そんなこともお構いなしに何度も浅瀬で潜水していました。水中では翼で羽ばたいて、飛ぶように移動します。

ぱたぱた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. サブ三世 より:

     目の前に千代ヶ浦が広がっているのにウミスズメは見てません。ウミネコとウミウとオオセグロぐらいです。ハクセキレイもいました。
     土日にかけます。星が浦にも行ってみる。
     トリ研、札幌支部、ウトナイから30余年。時代遅れのプロミナをもって出かけます。30年前よりシギチが遅くなってませんか?
     情報頼りにしてます。

    • minntai より:

      コメントありがとうございます!私もまさかウミスズメに遭遇するとは思いませんでした!
      私自身まだ24歳なので30年前のことはわかりませんが、シギチの渡りが遅くなっている話は聞いたことがあります。

  2. さぶ三世 より:

    千代ヶ浦で1週間程前ウミスズメがいました。港の西、テトラポットのあたりです。港の出口でケイマフリ情報がありましたが、もう帰られました。
    でも今日イルカかなとも思いましたが、どうもクジラですね。

  3. さぶ三世 より:

      千代ヶ浦に13日日曜日、ゼニガタアザラシが30分ほど、釣り人を楽しませてくれました。おでこと鼻だけですがね。
     今日はケアハウスの前のテトラポットに雄のシノリガモが13羽。雌(エクリプス?)も数羽います。目の前にいるのでびっくり。オスはオスで群れるんですかね。冬羽は終わったんでしょうか。