千葉県遠征1日目

7月14日

千葉県には私の叔父が住んでいます。5月頃にその叔父さんから千葉県に来ないかとの誘いがありました。千葉県には北海道には生息していない生物が多数生息しています。今回はそのような生物たちの観察、採集を行うために千葉県に遠征してきました。道外に進出したら道東自然観察日記じゃない?細かいことは気にしない気にしない。

天気は雨。でも雲の上は快晴です。あたりまえか。

お昼前に東京、羽田空港に到着。そのままとある外来生物が定着、繁殖している某公園に向かいます。

その外来生物がこちら。リュウキュウツヤハナムグリです。外来種といっても八丈島からの国内外来種です。さらに細かく言うと奄美大島原産のものが八丈島に移入し、そのハナムグリが東京都の臨海部に侵入したようです。

公園内は昆虫等の採集が禁止されているので公園の周囲を歩いて捜索。少し歩いただけで結構見つかります。踏みつぶされている個体も多数。数個体採集しました。あ、右上の奴はカナブンです。基本的にカナブンは雑魚扱いですが北海道にはアオカナブンしか生息していないので私にとってはレアものです。

リュウキュウツヤハナムグリの採集を終え、少しだけ東京観光。

私のもう一つの趣味を楽しんできました。ユニコォォォォォォォォォォン!!!!

少しだけ東京を楽しんでいよいよ千葉へ。最初に行った場所は農村部。見た感じは結構山の中って感じなのですが、山にはあまりそぐわない生物が・・・。

カニ!カニです!このカニはアカテガニ。繁殖期以外は陸上で生活するカニです。ある程度の湿り気があれば生きていけるので、湿度が高い森の中などにすんでいます。このカニも1個体だけ採集しました。

その後、水生昆虫を求めてため池のような場所にいきました。そこでガサガサすると

これは・・・ブルーギル!悪名高き外来生物です。はじめて見ました。見た目は結構きれいな魚ですが特定外来生物なので移動は禁止。リリースするしかありません。

ここでガサガサを続けましたがめぼしい収穫は無し。

しかし近くにオオカマキリの幼虫を発見!この子も採集しました。写真は帰宅後に撮影したものです。

ここで日中の活動は終了。夕食の後、夜の採集に向かいます。

夜に向かったのは千葉市内の某公園。最も目についた生物はオカダンゴムシです。こちらではメジャーな生物のようですが道東には生息していないですね。

トイレの壁を這う生物を発見!これはクロイロコウガイビルです。非常に魅力的な生物ですが、ミミズしか食べないグルメさんなので飼育が大変。採集せずに見送りました。

ミミズを食べるアオオサムシ。きれいな緑色なのですが写真ではうまく映らなかった・・・。

ここではヤブキリを採集しました。樹上に生息するキリギリスの仲間ですが、その攻撃性はキリギリスの姿をしたカマキリのようです。肉食性が強く、セミなどの大型の昆虫を捕食することもあります。

ここではほかにコアシダカグモやニホントビナナフシ、ヤスデの仲間などを見かけました。

これにて1日目終了。2日目に続きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする