涼しい夜の蛾探し

7月1日

月が替わり7月になりました。7月は夏ですよね。夏とは思えないほど気温が低いです。今回は夜間に蛾の仲間を探しに行きましたが、その時の気温は13℃。ほんとに夏なんですかね?

アカハラゴマダラヒトリ。腹部が赤いことが名前の由来。よく似た種にキハラゴマダラヒトリがいます。

セダカシャチホコとボロボロのオオミズアオ。美しいオオミズアオも春型の発生期の後半なのでボロボロの個体が多いです。

スジモンヒトリ。某青いコンビニの窓際にいました。

ウチスズメ。後翅の大きな目玉模様が印象的。

ほとんど翅が傷ついていないオオミズアオのメスがいました。オオミズアオは本当に美しい蛾です。

ウンモンスズメ。緑色の前翅と紅色の後翅。この蛾も非常に美しいですね。

しかしこのウンモンスズメ、死ぬと美しい緑色が地味な茶褐色に変色してしまうのです。この美しさは標本には残せません。

北海道に沢山ある某オレンジ色のコンビニの窓際にいたセダカシャチホコ。背中の毛が高く盛り上がっているのが名前の由来。なんだかモヒカンみたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする