野鳥観察~森林編

5月16日

釧路市星が浦海岸での野鳥観察を終えて、隣町の釧路町の森林部に入りました。林内ではキビタキやセンダイムシクイなど、渡ってきた夏鳥がさえずってきました。

ヤマゲラが地面で何かを食べていました。

近くの枯れ木にもヤマゲラ。普段はあまり見かけない鳥なんですが・・・今日は全部で3羽みかけました。

非常に大きなアリがいました。これはムネアカオオアリです。この森にも生息している日本最大のキツツキ、クマゲラの主食となる昆虫です。

桜前線のゴールである釧路では今でも桜の花が見られます。

桜は桜でもこちらはエゾオオサクラソウ。

ビンズイ。

アカハラ。

森林に入ったのは夕方からですが、たくさんの鳥がさえずっていました。コマドリやエゾムシクイ、ヤブサメなど、様々な野鳥の声が聞こえてきました。歩いていると森の奥から聞き覚えのある「キョーン」という大きな鳴き声が聞こえてきました。その後、「キョロロロロ・・・」という声とともに黒い鳥が頭上を通過していきました。私がその鳥を初めて見たのもこの場所だったのをよく覚えています。この森には今でもクマゲラが生息しているんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする