オジロワシ襲来~朝の釧路港

12月2日

今日も釧路港に野鳥観察にいきました。いつもなら堤防の上に沢山のカモメたちがいるのですが今日は様子が違いました。堤防の上にカモメの姿は無く、飛んでいるカモメたちもどこか落ち着きがない様子。それもそのはず。いつもカモメたちがいる堤防にはオジロワシが鎮座していたのです。

堤防の上のオジロワシ。冬になると釧路港に毎年現れます。魚のほか、カモ類やカモメ類を捕食することもあります。かっこよくて希少な鳥ですが、カモメなどを観察しているときに現れるとその場をかき乱すので結構厄介な一面もあります。まぁこれは完全に人間のエゴですが・・・。

一列に並んで泳ぐシノリガモ。先頭が雌で後ろの3羽が雄。

クロガモもやってきました。遠くから見ると黄色い鼻がくちばしに見えますが、鼻の下の黒い部分がくちばしです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする