湿地散策

9月15日

今日も釧路市の星が浦川河口周辺でシギチの観察をしようと思ったのですが、河口周辺の草地に入ると大量の羽アリが飛び回ってました。体に張り付いたり、顔のまわりを飛び回ったりしてまともに鳥の観察ができないので逃げるように退散、、、、気分を変えるために少し足を伸ばして山地にある池に昆虫を探しに出かけました。

近くの茂みにエゾトリカブトが咲いていました。紫色の花が美しいですが非常に強力な毒があります。エゾトリカブトはトリカブト属の中でも最強の毒を持っているそうです。

こちらはオオウバユリの実。夏にクリーム色の花を咲かせる植物です。

池の上にルリボシヤンマが飛んでいました。この場所ではオオルリボシヤンマの姿もよく見かけます。池に注ぎ込んでいる川にはオニヤンマの姿が見られることもあります。

キトンボ。黄色い翅の基部が印象的。キトンボのほかにマユタテアカネの姿が多かったです。

オオコオイムシが草の上にいました。飛ぶために体を乾かしているようです。よく見ると、いたるところにオオコオイムシの姿があります。気温が高く、晴れていたので一斉に出てきたのでしょうか?観察しているとこの個体は翅を広げて飛び去って行きました。オオコオイムシが飛んでいる姿は初めて見たような気がします。

指に乗せたところ。この個体も指から飛び去って行きました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする